2009年06月29日

驚異の痛み解消と真の健康達成法「エゴスキュー」

真向法は毎日継続して行うことが重要で、少しずつ骨格を矯正していく基本的な体操として、私も日課に取り入れている。
身体の歪みや痛みがキツい人は、他の方法も導入したほうが良い。
私が古今東西の様々なメソッドを研究してきた中で、最も良いと思われるのが「エゴスキュー」である。
「日本を元気にする運動」の創始者・越山雅代氏が日本展開独占権を得て、エゴスキュー・ジャパンを展開している。
私には必要ないので実践はしていないが、真向法と共に広めたい運動の1つである。

エゴスキューは、人体の構造をあらゆる角度から徹底分析し、研究の末に開発された「解剖学的」「生理学的」「生体力学的」な原則に基づく運動療法で、人間の「理想の基本姿勢」を次のように定義している。

「正面から見て、左右にある足関節、ひざ関節、股関節、肩関節が垂直水平90度に位置していること。
側面から見て、これらの関節が180度の一直線に並んでいること」


この「理想の基本姿勢」に近いほど、身体が最も健全に機能するという。

CASKPC6H.jpg

エゴスキューは、簡単なエクササイズを行うことで、日常生活の中で使われない筋肉に刺激を与え、筋肉を再教育する運動療法である。
その結果、筋肉が本来の機能を取り戻し、骨や関節を正常な位置に戻して、全身の歪みや痛みを解消するという理論だ。
具体的には、腰痛・肩こり・五十肩・首の痛み・手足の痺れ・猫背・めまい・顎関節症・偏頭痛・股関節の痛み・膝や肘の痛み・坐骨神経痛・腰椎ヘルニア・外反母趾・腱鞘炎・X脚・O脚・むくみ……等の改善に成果を上げているようである。

また、越山氏は、姿勢が及ぼす精神への影響について述べている。

「からだの歪みは心にまで影響を及ぼし、その人の可能性を妨げています。
エゴスキューでからだの歪みが取れると、心もからだもどんどん元気になり、いろんなことにチャレンジしたくなります。
自分に自信の持てなかった若者が自分の能力を発揮し、イキイキ輝く姿も見てきました。
どんどんアイデアが涌いてきて、気持ちが前向きになり、制限なく人生の可能性が出てくるのです」


org_img_0.jpg

骨格の歪みは精神の歪みに起因しているが、精神も姿勢の影響を受けており、人生に前向きな姿勢は「正しい姿勢」から生まれるともいえる。
エゴスキューの特徴は即効性があることで、年齢が高ければ高いほど、痛みや症状を治すのが簡単だという。
だった1回で長年の痛みが消えたという体験談も多く、越山氏自身も、大きく湾曲した猫背が3ヶ月で真っ直ぐになり、様々な不調が改善されたと語っている。
アメリカでは40年の歴史があり、成功率は95%を誇るといわれている。
残り5%は実践しない人らしい。
エゴスキューは、「自分の健康は自分で作る」という考え方を提唱している。
これは「真向法」にもいえることだが、まさに「天は自ら助くる者を助く」という言葉に相応しい。
自分の身体は自分で管理しなければならない。
我々は、そのことをもっと自覚する必要がある。

詳細は、エゴスキュー・ジャパンのホームページをご覧頂きたい。
http://www.egoscuejapan.com/


posted by アンリ・クリスチャン at 01:11| Comment(0) | 奇跡を起こす骨格の矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。