2009年07月24日

生命力を引き出す魔法のペンダント「アディオ・イフ」

全国に30箇所以上ある「むつう整体」の治療院に、ホメオパシー理論によって開発された「スーパー・アディオ」がある。
置いてあるだけで、来た人が変わる……という奇跡の物体である。
スーパー・アディオが置かれている部屋にいると、生命エネルギーが活性化して様々な不調が改善するという。
しかし、人間は長年積み重ねてきたクセに戻りやすく、維持することが難しい。
そこで、院長の木村仁氏が開発したのが「アディオ・イフ」である。

CA6X0C8G.jpg

「アディオ・イフ」とは、生体波動と共鳴を起こして、脳幹に宿る生命力の根源「イネイト・インテリジェンス(内なる自然の叡智)」を引き出すペンダントである。
アクリル製のペンダントヘッドに「if」のロゴが刻印されており、iの・の部分に情報体(ゼロ波動)が内蔵されている。
そのゼロ波動が直接症状を改善するのではなく、「アディオ・イフ」はあくまでもキッカケであり、イネイトを引き出す道具なのだ。
症状は結果であり、原因は生命エネルギーの流れの停滞である。
ゼロ波動はそのイネイトの流れを回復し、頸椎のバランスを整えて背骨の歪みを正し、結果として様々な不調が改善するという理論である。
簡潔に説明すると、イネイトのエネルギーを近くにおけば、体内のイネイトが共振して活発になるということだ。
「ゼロ波動」については、木村氏が「ゼロ波動の癒し(KKベストセラーズ)」「ゼロ波動健康法(たま出版)」などを出版しているので、詳しく知りたい方は一読をお勧めする。

「イネイト理論」は、カイロプラクティックの創始者D・D・パーマーの理論を、息子のB・J・パーマーが発展させる過程で構築したものらしい。
では、生命エネルギーの流れが停滞する原因は何だろうか。
もうお分かりだと思うが、脊髄の歪みである。
アディオ・イフを身に付けて、10〜20秒後に確認すると、背骨のズレ・身体の歪みが驚くほど改善されていることも珍しくないという。
アディオ・イフは、ただ首からぶら下げるだけである。
一体、どのようなメカニズムで、瞬間的に骨格が矯正されるのか……。
人間のイネイトは脳の中心部にある「脳幹」で作られ、全身を巡っている。
パーマーは、様々な不調に共通して、頸椎の1番と2番が動かなくなっていることを発見した。
この頸椎の歪みが脳幹に影響し、イネイトが正常に働かなくなっているのだ。
アディオ・イフは、脳幹に特定の周波数を共鳴させることで、停滞しているイネイトの流れを開放し、頸椎や脊髄の歪みを解消し、その人自身の力を呼び覚ますというものである。
むつう整体も同じ原理で行われ、無接触・無刺激・無痛の治療が特徴となっている。
手を触れずに背骨を矯正する「十字式健康法」も有名だが、その根本から解決を図るのが「イネイト理論」なのだ。

ddr.JPG

木村氏はいう。

「イネイトが活発になれば敏感になりますから、身体だけではなく心も変わるし、自分自身の能力も開きます」

「イネイトは、それでないものがない、全部なんです。
宇宙はひとつ、私とあなたは別ぢゃない。
だから、瞬きよりも早く、瞬時に影響しあう」


敏感な人の場合、すぐに姿勢が整ってしまうため、最初は違和感を感じることもあるという。
私は5年程前から、ほぼ毎日身に付けているが効果はよく分からない。
健康な人には効果が分からなくて当然だが、身に付けていないよりは良いだろう。
逆に、不健康でも効果を感じにくい人もいるようで、人間よりもペットのほうが効果が現れやすく、老犬がかけた途端に元気に歩き出したという話もある。
アディオ・イフが感じにくいという人の為に、強制的にイネイトを補正する「リザルト」というペンダントも開発されているが、基本は「アディオ・イフ」とのことである。
日常的に発生する微小な歪みを補正する「アディオ・イフ」。
補助的なアイテムとして活用すると良いかも知れない。

また、木村氏は「癒し人クラブ」というボランティアチームを養成しており、このように述べている。

「医療が変わって、日本の医療費が激減し、人々が治り、幸せになっていく。
これで間違いなく世界は変わると思いませんか」


まさに、我々が理想とする世界である。

むつう整体
03-5749-5007  03-5749-5008
http://www.mutsuu.com/

癒し人クラブ
03-6218-0308  03-6218-0309
posted by アンリ・クリスチャン at 03:32| Comment(0) | 奇跡を起こす骨格の矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。