2010年05月01日

病気の最大原因と生活習慣病の救世主

病気のメカニズムを説明すると、活性酸素が細胞を攻撃し、遺伝子に傷を付ける事で病気が発症する。
染色体のどこに傷が付くかによって、発症する病気が決まっているのだ。

CA337079.jpg

また、有害電磁波も遺伝子に損傷を起こして病気の原因となるが、この話も見逃せない。
電磁波にも種類があるが、人体に有害とされるのがマイクロ波である。
霊の正体が「生体プラズマ」だという事が分かってきているが、プラズマは電磁波によって形成されている。
いわゆる「低級霊」と呼ばれる存在は、マイクロ波と同じ波長を出している可能性が高い。

注目すべきは、強力なマイクロ波を人体に放射すると、身体の自由が利かなくなり、呼吸困難に陥ったり、幻覚や幻聴などの症状が顕れる。
これはまさに、睡眠時に起こる金縛りと同じ現象である。
医学的には、金縛りの原因は「自律神経の麻痺」だとされているが、マイクロ波によって生ずる現象こそが「自律神経の麻痺」なのである。

究極的には、健康を左右するのは自律神経だと言っても良い。
つまり、病気の原因の80%は自律神経の失調・調整障害である。
その原因がマイクロ波であるなら、やはり霊障とは無関係ではない。
電化製品に囲まれた環境で生活している人は、そのマイクロ波を浴び続けて自律神経が狂っていると考えて良いが、「波長一致の原理」を忘れてはいけない。
人工的なマイクロ波に同調して、同時に霊障を起こしていると考えて間違いない。
いずれにしても、人工的なマイクロ波障害と霊障は同一のものだと考えて良い。
人工的なマイクロ波の対策については別の機会に述べるが、問題は霊障によるマイクロ波障害である。

その解決法は、やはり血液の浄化であり、便秘の解消という事になる。
また、腸は「第2の脳」と呼ばれているが、脳を「第2の腸」と呼ぶ人もいる程に、腸は重要なキーとなっている。
事実、自律神経を安定させるセロトニンというホルモンは、間脳の中にある松果体からも分泌されるが、90%は腸内に存在する事が確認されている。
つまり、自律神経に最も関係する臓器が腸なのである。
また、自律神経失調症と関連する染色体も存在する。
そして、自律神経が霊(血液)の影響を受けている事も忘れてはならない。

「間脳を通して《虚数の世界(神霊界)》の影響を受ける自律神経が、心臓の拍動、血液の循環、体温、血糖量の調整といった、血液に重要な役割を果たしているのは、血液も《虚数の世界(神霊界)》と密接な関わりをもっているからである」

dm00_ill.jpg

「腸内異常発酵」「血液循環障害」「活性酸素による遺伝子損傷」「マイクロ波障害(霊障)による遺伝子損傷」「自律神経調節障害」……
医学博士によって主張は異なるが、いずれも病気の最大原因だと言われている。
が、どれが原因というよりも、その全てがリンクしている事が分かる。
いずれにしても、基本は「水」である。

遺伝子を修復する為には「核酸」、腸内環境を改善する為には「乳酸菌」を摂取する必要がある……
などと主張する医学博士がいるが、それらは製薬会社と結託した金儲けの為の虚構である。
そんな話を持ち出す以前に、こまめに水分を摂取して、腸と血液の浄化に努める事が何よりも大切なのである。

たかが水、されど水。
救世主は身近に存在し過ぎて人々は気付かないが、生命の源である水こそが「生活習慣病の救世主」なのだ。
人々が水を積極的に飲むだけで30兆円の医療費も削減でき、健やかな不老長寿社会が実現すると言っても過言ではない。
posted by アンリ・クリスチャン at 04:14| Comment(0) | 生命を進化させる「水」革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。